さくらんぼ

「さくらんぼ」は初夏の贈り物として好評です。佐藤錦は、6月20日頃より発送予定です。
さくらんぼを代表する品種でどなたにも喜ばれております。
7月より出荷予定の~ナポレオン~は、酸味があり大粒の食べごたえのある、さくらんぼです。

さくらんぼのご注文はこちら


イメージ

さくらんぼの木「さくらんぼの木」というものはありません。
もちろん桜の木でもありません。
私たち生産者はさくらんぼのことを「桜桃」とよび、
その木を「桜桃の木」とよぶのです。
みなさんが「さくらんぼ」とよぶのはこの桜桃の実の果実が、
商品化されて店頭に並んだものなのです。


イメージ

さくらんぼの花

さくらんぼの花は、桜の花とは違います。
ですから桜の花からさくらんぼの実はなりませんね。
さくらんぼは桜桃の木につぼみがなって、お花が咲いて、
ミツバチを使って受粉して、そうして実がなるのです。


イメージ

摘果ひとつの樹にさくらんぼの実をならせすぎてしまうと
負担がかかりすぎてしまいます。
そのため、収穫前の「摘果」という作業が大切です。
摘果によって樹への負担が減り、糖度もよくなり、
また実も大きく育つことになるのです。


イメージ

佐藤錦

今ではさくらんぼの代表的な品種である佐藤錦は、
1912年から16年かけてナポレオンと黄玉の交雑によって生まれました。
開発したのは佐藤栄助という方。
その名前をとって「佐藤錦」、
また「砂糖のように甘い」という意味もあるのです。


さくらんぼのご注文はこちら

↑↑ページトップへ↑↑